直居サビアンの神髄 ー <人間存在の謎を解くアストロロジーは直居サビアンだけです>

カテゴリ: 余白としての生徒との対話

700093

余白としての生徒との対話
プロット2 縁起の法則と詩としてのサビアン
 
***あなたはこのサイトを衝動的に構成したいというのですが(笑)、それは体系はまとめきれないからか、それとも公開はまだしたくないということだからですか?
 
両方だと思いますが、実際は霊的テーマに満ち満ちていますので、後継者はまず見つからないということもあります。事実私自身がこのサビアンは何のためにあるのか考え続けてきたのです。それでも空間としての天は教え続けていて、まだそれは止まらないのです。どうしたらいいですか。(笑)
 
***でもあなたは30年以上も前にルディアーを訪れた時に、夕方嵐が来て縁起の法則を教えるから公開しなさいという神がかりになったのではないですか。(笑)
 
縁起の法を知らなかったので、仏教は決定的に壊滅退廃しましたね。魔界に擦り寄ったままです。それはもうすぐ明らかになるのですが、仏教だけではありません。人々は何かがあると考え方がよくないというタッチで批判したりしますが、それはこの周期が思考と自我の周期だったからです。

それは近々、悲惨な形で壊されてしまいます。それにどう対処するかといえば、エネルギーを上げるしかないのです。占いとしての古びた占星術をやっている者もその周辺にいる人たちも、強いエネルギー淘汰されます。そんな人と付き合っていれば巻き添えになりますので、壁を立てるわけではありませんが、旧来の占いファンと私は無縁です。

ではなぜサビアンをやるのかということですが、これだけやってきてサビアンの究極の魅力はエリス・フィラーという車椅子の美しい透視家の女性の見た詩のビジョンだと思います。詩だけが高次の次元につながるものです。それは伝えたいと思います。
 face1
***シンボルのビジョンが自我の不安の世界を迂回するというのですか。
 
そうです。詩は霊体としてのアストラル体を浄化するからです。ですから、まず学びたい人は自分の度数のシンボルをイメージ化してほしいと思います。
 
***それが最後に行きついた地点ということは理解できますが、それでは縁起の法則はどうなりますか。
 
解明はそれなりにしたつもりですが、それを学ぶとなると妄想ぎりぎりのアストラル世界で理性を保つという離れ業が必要になります。そういう人材は見つからないのです。

理性的秩序のもとに人のアストラル体をサビアンで透視すること、特に輪廻における化身の変化の意味を考えるのは普通より高い霊能力が求められます。つまり縁起の法は文字だけでは把握はできないのです。

一般の前世こうだっただろうという類のものは間違いだらけです。アーカシックとしてのサビアンだけがそれを知っているのです。前世を知らなければこの生の意味は知り得ず、何が何だかわからないうちに終わってしまいます。それではあまりに無残です。

けれども残念なことに、人の知性はそこまで達していません。ですから学ぶ人はいないのです。

700178

プロット1 テーマのことなど2

***このサビアンで自我を乗り越えられないのですか。
 
現在のところはそれが一番いいかもしれません。欠点のようなもの、カルマの原因になっているものは、前世からか遺伝子から持ち越している可能性がありますし、それは今生のトラウマであることもあります。それをなんとかしないと、夢や希望といっても道元用語の画餅―絵に描いた餅になります。

現実のプレッシャーにすぐ負けて後退しますので、雑念カオスの人間になります。それを乗り越えるにはサビアンによるマインド管理が求められるといいたいところです。
 
求道者の場合は、一つは性格を変えなければならないとアグニヨガでもドン・ファンでも言うのですから、それによって霊のエネルギーを補給しなければならないと思います。
 
***あなたの場合はどうなのですか。
 
ドラコニックチャートというのはある意味でそうしたカルマの強いものを現すことがあります。こちらは霊体のものともいえます。私の場合はドラコニックのアングルにフィクスドの29度がありますから、悲しみの乗り越えが最大のテーマになり、その具体的展開はトロピカルチヤートやサイドリアルに示されるでしょう。

私の場合はトロピカルの火星は24度ですから家庭の喪失、サイドリアルには4度がありますから極端な恋愛好きとなってしまいます。(笑) しかしこうしたことは当たる、当たらないではないのです。まだ占いレベルの意識しか使えない人は、その点を十分留意しなければなりません。必ず出るとは限らないのです。
 
***しかし火星は出やすいともあなたは言いますが。
 
確かに火星は感情に直結しますが、その意味では火星は超克テーマのNO. 1になることがありますが、絶対ではありません。また予知することは難しいと思います。過去のことや今起きて初めて分かることだということを
占い師の人は理解しなければなりません。

彼らは自分の知識に溺れてはまずいのです。頭脳が単純すぎて、当たるとエキサイトしてしまうのですが、まだ先があることを知らなければならないでしょう。

たとえば私の火星でいうとまずシンボルの複合的な意味を知っていなければなりません。23度は火星が来れば社会に認められにくいこと、反社会的傾向があることの意味になりますが、これは統合度数という360度から引いた重要な変換度数をかけると337度ミュータブルの7度があり、私はアートの才能があったり理解することや、ロマンチストであることになります。また度数進行法をかけるとマイナス4度には19度があり、幸福な結婚は不可能ではないのかなと思わせるところもあります。
 
face1
 撮影 沢渡朔 

 
***しかし火星がすべてカルマならそれも無理だということになりませんか。
 
火星はカルマでありカルマを実現しようとするパッションなのでしょうね。感情的に居心地の良さそうな部屋というところもありますが、いずれ追い立てを食うのです。(笑) 追い立てというのは転換できるのではなく精神的に命取りになり、それで終わるという意味です。しかし人間である以上自己意識を使って猛然と戦うべきです。それは単純な戦いではないでしょう。

***納得できたらそこに情熱なり葛藤を持ち込め、とあなたは言うのでしょうが私にはどうしても運命のようにしか思えないのです。
 
確かに運命ではあります。この周期には終わりつつ運命ということです。もう終わるならこういう他者の運命を生きたという視点で見られないのでしょうか。
 
***戦うということは変化させるという意味だと思いますが、それは変換や他の惑星とのコンビ、とりわけソーラータイドという太陽から冥王星までの惑星の流れの把握、それからあなたが創造度数と呼ぶものなどを検討しなければならないのですね。

それに複合チャートのこともあります。他のチャートでどうなっているかですが、これはあとで解説しましょう。トロピカル内部で創造性を見る場合はアグニヨガが言うように、金星、木星を使います。

私の場合は金星で40度、41度ですから、愛されないという悲惨さを乗り越えて自分の好きなことの道に進めということと、木星では別れてしまえということになります。(笑)

実際問題としてそれは起きたことなのですが、火星のもたらした痛みは私には消えていないのです。それゆえ私は自分の火星からまだ自由になってはいないと思っています。火星がアスペクトがすればまた出てしまいます。それでも希薄にはなりつつあります。

なぜ希薄になっていきつつあるかというと、次のサティアユガの完全な自由なエネルギーが入りつつあるからです。本当に集中すべきなのはこのエネルギーなのですが、カリユガというこれまでの暗黒周期の火星がまだ優勢なら、サティアユガのエネルギーを見ることはできません。無理です。

ならば不幸のまま死ぬことになります。潜在的不幸という壁かもしれませんが―


703908


 
***17年22年と危機が迫っている中でのあなたのコンセプトというのは結局何なのでしょうか。あなたは走水の合同セミナーでは占星術の研究をもうやめよと言ったのですが(笑)それは古典占星術のことなのですか?
 
まあそうかもしれませんね(笑) しかし古典を下敷きにしたサビアンなら同じかもしれませんね。何が起きるかを追っても仕方がないサイクルですから。個人のカルマを凌駕することが起きるはずですから。コンセプトに関する質問に答えれば、子供のように夢と希望をもつことに役立てるものならやってもいいかな、ということになるのでしょうか。
 
***しかしそれだとアストロロジーの本来の位置づけから逸れて、文学的なものになってしまうのではないですか。あなたは実に多くの法則をサビアンを使って発見されてきたのに、なぜそれを公開しないのですか。輪廻はもう終わるので意味はないのですか。
 
輪廻の終わり、またはその最終ということでいえば、この体系は総括としての意味をもつことは確かです。たとえば最愛の息子に死なれた母親がいるのですが、この人のドラコニックチヤートには死というテーマが設定されている。しかし子供が死ぬ前にそれを知ったら、半狂乱になるでしょう。
 
カルマ的法則の公開は今もって避けるべきではないかと思います。現在の我々の進化種はまだ四次元法則の消化は無理なのです。
 face1
 撮影 沢渡朔 


***では前からあなたが言ってきたように、ハイラーキーと呼ばれる同胞団は当たらないもの、曖昧なものしか教えてこなかったというのが正しいのですね。
 
目隠しされたままの創造がテーマだったのでしょうね、予知レベルのことでいえば、いやネイタルなどすべてがそうだったのでしょう。ただ現象的予知ではない心理的なものはまだ機能する部分があるのかもしれません。
 
しかしその場合は時間軸を過去に振ったほうがよいと思います。前世の探究のようなこと。そこから自己の波動を再構築するというのはどうですか。我々が使えるエネルギーは我々の過去からしか来ないということです。
 
***それだと解放よりむしろ拘束になりませんか。そうするとまた占い世界に戻りかねないと思いますが。
 
予知という世界を自我ですべて掌握するのは不可能です。それに現象の問題は操作されるということもありますし、起きるか起きないかは6カ月前に決めると言っていきましたから、完全に当たるものなどないですし、予知されると変えてしまう場合もあります。
 
しかしこの不可解さのなかで予知する面白さがあったから占いが存在してきたことは認めますが、危機サイクルに入りだしたら予知に関してはもう占うことはない、と思います。結論は自我世界に留まってはいられないことではないですか。でもそんなことはとてもできないのです。そのテーマは次の進化種のテーマですから。 



↑このページのトップヘ